クレンジング 選び方

要確認!クレンジングの正しい選び方

 

クレンジング剤にはたくさんの種類があり、その使いやすさや洗浄力も様々です。
肌が弱い人は強いクレンジングだと肌荒れが起こったりしますので、自分のお肌やメイクに合ったクレンジングを選択したいですよね。
ここでは、クレンジングの種類と特徴をご紹介しますので、確認してみてくださいね。

 

クレンジングタイプ別特徴

上から順番に肌への刺激が強いが洗浄力が高く、下にいくほど刺激が弱く洗浄力が弱いとされています。

 

シートタイプ

洗浄力が強くメイクをしっかり落とせるが、摩擦があるため肌を刺激しやすい

 

オイルタイプ

メイクとの馴染みが良いため洗浄力が強く、刺激はシートより軽減される

 

リキッドタイプ

洗浄力は少し落ちるが、刺激が軽減され、サッパリとした洗い上がり

 

ジェルタイプ

オイルフリー・オイルイン・油性ジェルの3種類があり、刺激の強さが異なる

 

クリームタイプ

オイル成分と水分のバランスが良く低刺激。乾燥肌や敏感肌の人にも推奨

 

ミルクタイプ

洗浄力が弱く、ゆっくりと汚れを馴染ませながら落とす。肌に優しい

 

シートタイプやリキッドタイプはウォータープルーフマスカラなどの特に濃いメイクのふき取り用がメインです。
メイク落ちが良いという反面、多くの界面活性剤が配合されていたり、ふき取る摩擦で肌に負担がかかってしまうので注意です。
洗浄力が高いものがいいけれどオイルのべたつきが嫌だという人にはリキッドタイプはおすすめです。

 

乾燥肌、敏感肌だという人はミルクタイプやクリームタイプのクレンジングが肌への摩擦が一番少なく負担も軽いです。
潤いも残るので洗顔後の乾燥も防げます。

 

ですがしっかりメイクだとメイクが落ちきらずに肌に残ってしまい、逆に肌荒れを起こす可能性もあります。
ナチュラルメイクの時はいいと思いますが、メイクが残っている感じがする、という人はもう少し洗浄力のあるクレンジングに変えたほうがいいかもしれません。

 

メイクもしっかり落としきりたい、という人におすすめなのがオイルクレンジングです。
乾燥肌・敏感肌の人はポイントメイクに使うという方法もありですね。

 

ジェルクレンジングは、クリームとオイルの中間の洗浄力です。
オイルフリーのものもあり、ニキビが気になる人やマツエクを長持ちさせたい人におすすめです。
ジェルの洗浄力に不安がある人は敏感肌でも使えるクレンジングオイルを使うといいです。

 

クレンジングのおすすめ!アテニアクレンジングオイルは?

 

アテニアクレンジングはAのオイルタイプになりますが、しっかりと汚れをオフしつつ、敏感肌の方にも使ってもらえるよう肌への刺激も少なくなるよう潤い成分を配合しています。
W洗顔不要なのも肌への余計な刺激を減らすことができ、ポイントが高いですね。

 

ですが注意点として、正しい使い方をしなければお肌に負担がかったり汚れが落としきれず肌荒れを起こす可能性もあります。

 

オイルクレンジングで重要なのはきちんと「乳化」させることです。
乳化とはオイルと水分をなじませることで、なじませたときに乳白色になります。
乳化させることで、しっかりメイクを浮き上がらせてから落とすことができます。

 

詳しい使い方はこちらを参考にしてみてくださいね。

 

また、メイクをばっちりしている人は普通のクレンジングだとどうしても肌ステインがたまり肌がくすみます。
アテニアのクレンジングオイルだとステイン除去ができるので美白効果も嬉しいです。

 

肌ステインについて詳しくはこちら

 

 



⇒アテニアクレンジングオイルの最安値ショップはこちら

 

関連ページ

実際にお試し!私のアテニアクレンジングオイルの口コミ

page top